結婚は生活のため、になるとキツイ

いや、若い女性はまだいいんですよ。
ある程度好きで、その人に経済力があったら、だいたい結婚、という結論にいたりますよね。

好きの度合いだけでは結婚まで到達しなくても、経済力が大きく後押ししてくれる、なんてこともけっこうあります。
それに、若いころは勢いもあるし、結婚はやはり憧れでもありますからね~。

結婚したい、というのは、女性ばかりではなく、男性も願望を持っていることが多いのです。

 

でも・・・

これが中高年、50代60代以上になると。

特に女性の場合、生活に不安があるから結婚を選ぶ人も多いですよね。
だから、お相手に求めるものは、容姿でもなく性格でもなく、経済力!!

悲しい事かもしれませんが、生きていくために背に腹は代えられません。

でも、実際結婚生活を初めてみると、生活が安泰というだけでうまくいくものではないかもしれません。
結婚は毎日のことですから、性格的に我慢できないことがあったり、言葉の暴力があったりすると毎日が苦痛です。

 

特に、「食わせてやってる」などという男性だったら一緒に暮らしていくのが難しいくなります。
そういうタイプは、自分の世話をしてもらのは当然で、どうかすると自分の親の面倒も見てほしいということになりますから。

まぁ中高年の場合、親が生きていない場合も多いと思いますが・・・

だけど、別れるわけにはいかない、慰謝料だってもらえない。
そんな風になると、もう何のために生きているのか、楽しみもなくなってしまいますね。

 

理想的には、自分一人でも生きていけて、楽しみもある。
だけど、やっぱり一人では寂しいので、同じ気持ちを分かち合えて、理解・尊敬のできる相手に巡り合って結婚することですね。

だから、なんらかの形で仕事をしていたり、人生前向きに生きて趣味なども楽しんでいる女性になることがいいのかな、と。

結婚相談所に入会しても、もしいい人がいれば、というくらいに構えていたほうがいいのかも。
どうしても結婚しなくちゃ、と思っていると、判断を誤ることもあるのでね。
こう考えてくると、やはり女性というのは弱いものですね、今でも。
もちろん、経済力を持って男性以上にバリバリ働いている人や資産を持っている人もいますが、それはひと握り。

一般的には、中高年の女性の収入は少ないことが多いでしょう。

そうすると、ベーシックインカムみたいに、国民誰でも働かずに生きていけるシステムというのはいいですよね。
おそらく、結婚したがる女性は減ると思いますが。

でも、生活できれば結婚が必要なければ、本来その人にとって結婚は必要ないことですからね。

あぁ、生きていくって、食べていくって大変な事なんだなぁと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ