マッチドットコムは中高年も多い

giftマッチドットコムは本社は日本ではなくアメリカ。

ネット婚活の進んだアメリカではインターネットでの出会いも普通なんだとか。

詳しくは忘れましたが、結婚した人のかなりの割合がネットで知り合っているとか。

おそらく、ネットで出会うことに罪悪感や後ろめたさ、恥ずかしさもないのではないかと。

日本でもネット婚活をする人は多いですが、まだ隠したがる傾向があるかもしれません。

マッチドットコムってどう?

マッチドットコムはネットの婚活サイトとしては古くからあります。
大手で料金の設定も明確なのはいいですね。

・無料会員

・有料会員

2種類ありますが、正直無料会員はできることが限られているので
本気で婚活したいなら、有料会員でしょう。

無料会員は、お試しとか、どんなシステムになっているのかを
確かめる程度、と考えていたほうがよさそうですね。

メールを受けることはできても、返信ができない、

とか、とっても不便なのです。

有料会員になれば月に何名でも申し込みできるし、複数の人と
やり取りすることもできます。

プロフィールも詳細に書けるので、自分にあいそうな人を見つけやすいですね。
また、マッチドットコムは年齢層も幅広く、年齢の高い方の登録も多いです。

60代、70代の方まで登録しているというのはほかではあまりないかも。
40代50代だったらじゅうぶんにお相手が見つかりそうです。

ネット婚活って、お金を払って登録しても、実際に会えるのか?!

ここが大きな関心だと思います。

マッチドットコムは比較的真面目に婚活している人が多いと思われます。

詳しく⇒187万会員の中から恋人候補をみつけよう!

マッチドットコム

ネット婚活の危うさもある

女性 表情 イラストとはいえ、マッチドットコムのシステムが完璧というわけじゃありません。
身元確認に関しては、そこまでうるさくないのです。

以前、既婚なのに登録している人がいました。
びっくりですよね!もちろんこういうことする人は少数ですが、中にはいるのです。

ではどうしてこんなことが起こるかというと・・・

マッチドットコムでは、いくつかのプロフィールは無記入でもOKなんですね。

年齢さえクリアしていれば、あとは嘘をつこうと思えばつけてしまうのです!!

たとえば、収入を書く欄がありますが、ここも未記入でOK。
または嘘を書いてもわかりません。

未婚か既婚か、という設問があること自体不思議ですよね。
ここは婚活サイトなのですから!
むしろ、独身証明書の提出がある・なし、くらいじゃないといけないのでは?

こういう人は少数派ですけど、でもいないわけではないということを心に留めておきたいですね。

私の回りでもネット婚活をしている人もいますが、「嘘をつかれた」という
人は多いです。

小さな嘘から大きな嘘まで様々ですけどね!

なので、プロフィールをきちんと書いている人しか相手にしない方がいいし
それでも、実際に会って嘘をついていないかきちんと確かめる、くらいの
ことをしなくてはいけませんね。

マッチドットコムでいい人に出会う!

240x228ウェディング文字入りネット婚活では身元の確認を自分でやらなければいけませんが、
それが値段の安さにつながっています。

結婚相談所の費用はネット婚活に比べると、数倍から数十倍になります。

確かに既婚者が混ざっていたり、年収の嘘をつく人は排除できます。

でも、やっぱり20万30万という会費はイタイですよね^^;

ネットの婚活でもスペックの高い人はいるし、変な人ばかりではありません。
相手を見極める、そこだけきちんとすれば、手頃な費用で結婚相手が
見つけられることになるのです!

女性の場合は、メールの段階でできるだけ相手のことを詳しく聞くことです。
再婚の場合は、子供や親に関しても確認しておきたいです。

養育費や誰と住んでいるのか、今後はどうかなど。
また親がいる場合は同居かどうか、なども。

聞きにくいな、と思うこともありますが、結婚を考えているなら
こういうことは大事ですからね。

男性の場合は女性に比べると気をつけることは少ないかもしれませんが、
やはり今は男性が騙されることもある時代。
慎重に行くことに越したことはありません。

お金を都合してくれ、とか、何かを買ってくれ、と言い出した場合はNGです。
女性は賢いので、騙されそうな人にだけ話をもちかけます。

男性もそれをある程度わかっていると思うのですが、情にほだされてとか
少しくらいなら、と自分の気持ちに嘘をつこうとします。

悲惨な事件にならないよう、注意するに越したことはありません。
これは婚活サイトに限ったことではなく、結婚相談所でも事件が起きて
いますから、全体的な注意と言えそうです。



マッチドットコム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ