50代から幸せを探す

50代はまだまだ現役中。仕事に趣味に忙しいですね。
独身の場合、これから先の人生を考えて婚活を始める方もいます。

この年代の特徴は、離婚や死別を経験している方が多いことですね。
40代くらいだと子供のことがあって、まだ再婚する気になれなくても、50代になると子供が成人したり親元を離れるので自分の人生を考え直す時間ができたりします。

また、定年も視野に入ってきて、これから先の長い人生の過ごし方を考えるチャンスでもありますね。

寿命が80歳以上まで伸びたことを考えると、50代からまだ30年もあるんですね。
一人で気ままに暮らすのも選択肢の一つですが、やっぱり相手がいたほうが楽しいのも確かです。

必ずしも籍を入れた結婚でなくても、事実婚の選択をする方もいます。
中高年の結婚で難しいのは子供や親せきの反対があるケースです。
やはり遺産相続のことが引っかかってくるんでしょうね。

相手の身内に反対されながら結婚するのは気が進まないことも多いでしょう。
いくつになっても結婚は相手だけじゃなくそのバックグラウンドも引き受けることになりますから。

自立できる女性ならあえて結婚という形を選ばず、自由恋愛や事実婚などのほうが気が楽かもしれません。
婚活サイトや結婚相談所は「結婚する」ことが前提なので、恋人がほしい、生涯付き合える人がほしい、という方にはちょっと向かないかもしれませんが。

自分が、単に話し相手がほしいだけなのか、結婚がしたいのか、ということを見極めるのも大事かな、と思います。

趣味があってそれに人生の時間を費やしたい、仕事やボランティアなど中心の人生を送りたい、という場合も、結婚生活が負担になるかもしれないですよね。
知人は趣味に没頭しすぎて人生を趣味にささげたい、と言っている人もいます。
同じ趣味の人と共同生活できるようなことがあれば結婚も考えるけど、単に結婚生活をするだけなら一人の方がいいと言っています。
考え方は100人いれば100通りなので、自分が何を望んでいるのか確認することが大事ですね。

結婚というのは決まった形があるわけではなく、お互いの考えが理解しあえることや望んでいるペースが似ていることがつくづく重要になってくるな、と思います。

もちろん、一緒に生活して一緒に眠るという基本的なことを望んでいる方もいますね。
結婚生活はあるいみ縛られるものですが、縛られたい、という方もいるのです。
それまで何にも縛られずに生活してくると、逆に縛られた生活を望むこともあるということですね。

50代にお勧めの結婚相談所を見る結婚相談所ランキング

 50代にお勧めのネット婚活を見る⇒ネット婚活ランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ