50代以上になると、親の介護の問題も出てくる

kaigo4

50代、60代の方は親御さんも存命という方が少なくありません。
とはいえ、これから何十年も生きていてくれるわけじゃありません。

自分の将来を考えると結婚もしたい、でも親の面倒も見たいと思いますね・・・

若いころの婚活と違って、親や自分の健康の事を考えながら婚活しないとなりません。
なんだかすごく現実的になってしまいますが、致し方ありません。
もし、結婚したら、そして数年のうちに相手の親が病に倒れたら、
そういうシミュレーションも必要になってきますね。

自分の親が存命か、面倒をみる必要があるか、健康状態はどうか、という事を考え、
相手の親についても知っておかなければならないと思います。

病気になるのは突然のこともあるので、それも覚悟しないといけませんね。

病気はいつなるかわかりません。それは50代を迎えたら現実的になります。
でも、親の世代はもっと病気が身近にありますね。
時々、親の面倒を見てほしくてお見合いする男性がいますね。
最初からそう言われてしまうと女性としてはちょっと悩みます。

親の介護人が欲しいのか、結婚相手が欲しいのか、わからなくなるからです。
実際、私の友達も40代の時の婚活でそういう経験をしました。

中に入ってくれた人の話では、今すぐ同居や介護は必要ではないとのことでしたが、
実際に相手の男性に会ってみたら、親と同居して面倒見てほしい、とのことでした。

中に立った人は、女性にハッキリそう伝えられなかったのかもしれないし、
男性がはっきり言わなかったのかもしれません。

女性としては男性に会ってみたい気持ちでお見合いの席に臨んだのですが、
いきなり同居、お世話、と言われてすぐに気持ちが冷めてしまったそうです。
結婚してすぐに親の面倒を見てほしい場合、出会える確率はかなり下がると思いますが
やはりハッキリ言っておかないとダメなんだな、と思いました。

40代50代の女性の90%以上は、結婚してすぐに介護という話を聞いたら断ると思いますが、
中にはそれでもいい、という人もいると思います。
実際問題として、40代や50代の始めまでは体力がありますが、60歳の声を聞くようになると
明らかに体力は落ちてきて、高齢者の面倒も見るのが大変になります。

介護も自分の親ならいくつになってもやらなければならないですが、
まだ見も知らない人の親の介護となるとまた違ってきますよね。

男性にはそこのところがわからない人が多いと思います。
もし、自分の親の面倒を見てもらえるとなったら、心から感謝してその幸せをかみしめるべきかと思いますね。

食べさせてあげているから当然、という態度は厳禁です。
それをやったらすぐに離婚になると覚悟しておいた方がいいですね。

寿命はまだまだ伸びる!?

034642

女性の平均寿命は86歳を超えていて、このままいくと90歳くらいまで伸びると言われています。
親が90歳ということは、子供が60歳を超えていることも多いですね。

たとえば、50代くらいで結婚した場合、親と同居したり面倒を見る期間は10年くらいに及びます。
自分が70歳近くになっても介護をしなくてはならないケースも多いのです。

男性の寿命は少し短いとはいえ、過去に比べたら驚くほど伸びています。
場合によっては高齢の両親が存命ということだってあるのです。
なんだか計算高いというか世知辛いなぁ、という気もしますが、結婚生活を長く平安に
続けるためにはこういうところも無視できませんね。

中高年の婚活の一番のポイントは健康かな、と思うので。

結局、お互いの思いやりがあって初めて幸せな結婚が成り立つのだと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ