死別者との再婚

再婚といってもいろいろで、中には死別した方との再婚というケースもありますね。
若くして死別した場合は、周りは再婚を勧めますが、本人が全くその気がない
ということもあります。

また、何年かして再婚を考え始める方もいます。

本人が再婚を望んでいなければ無理に結婚させるわけにはいきませんが、
進んで再婚をする場合も結婚相手はよく考えないといけないな、と思います。

というのも、相手は死別した元配偶者のことを忘れているわけではないからです。
再婚する場合も心境は複雑、ということが言えそうです。

お互いが死別同士ということであればある程度気持ちはわかると思いますが、
そうでない場合はなかなか難しいこともあるそうです。

場合によっては死別した元配偶者に嫉妬に似た感情を持つこともあるそうです。
また、再婚してみたもののやはり前の相手が忘れられない、今の相手との
違いがだんだん気になるようになった、ということもあるんですね。

寂しい、というだけで再婚を決めると思わぬ問題が持ち上がることもあるのです。

死別者と再婚しようと思ったら、相手の複雑な心境を理解してあまり細かいことは
気にしないようにしたほうがいいかもしれませんね。

また、年齢にもよりますが、相手の家族との折り合いというのも大切です。
お子さんは亡くなった親のことを忘れらないだろうし、新しい相手と再婚した
親にも複雑な思いを持っていることもあります。

私は個人的には人生の最後は幸せであってほしい、と思うので、
できればひとり寂しい人生ではなく、話し合って理解できる相手と暮らすのが
いいのではないかと思っています。

ただ、幸せに至る道のりはやはりお互い努力しなければいけないと思いますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ